車用プレス金型メーカーで不正アクセス被害 情報流出など詳細調査続く【J-MAX】

自動車用プレス金型および部品の製造・販売している「J-MAX」社は、連結子会社のサーバーで不正アクセス被害が発生したと公表した。

J-MAXによると、公表時点では外部への情報流出は確認されておらず、子会社製品の生産や出荷には影響はないとされている。
同社は対応として外部専門家の助言を受けつつ、影響範囲と復旧、情報流出の有無などの調査に取り組んでいるとのこと。
また、被害の最小化と再発防止に向けた対策を強化していると説明。
新たに判明した情報は随時公表されるという。

【参考記事】
当社連結子会社サーバーへの不正アクセスについて
https://www.jp-jmax.co.jp/