教育「KUMON」で会員や指導者個人情報流出 委託先のランサムウェア被害影響

「公文式」を代表とする学習関連サービスを展開する「公文教育研究会」で、同社が個人情報の管理や運用業務を委託していた「イセトー」社で発生したランサムウェア被害による影響が発生している。

【関連記事】

イセトーがランサムウェア攻撃を受け、公文教育研究会の委託サーバーから会員および指導者の個人情報が流出する事態が発覚。
流出した情報には、会員や指導者の氏名、住所、電話番号、会員番号、パスワード、セキュリティコード、口座情報などが含まれていた。

被害のあったサーバーは公表時点ですでに遮断されており、新たに被害は発生していないとのこと。
調査を継続して進めるとし、さらなる詳細が判明次第、追加の報告を行う予定とのこと。
今後の対策として、委託先の管理監督の強化を含めた再発防止策に取り組む姿勢を示している。

【参考記事】
https://www.kumon.ne.jp/index.html