テント・膜の「太陽工業」サイバー攻撃被害 情報流出の可能性も浮上

テントや膜構造建築物の設計・製造・施工を手掛ける「太陽工業」社において、サイバー攻撃被害が確認されたという。

2024年6月8日、同社の情報システムに異常が検知されたことで問題が浮上。
翌9日に外部からのサイバー攻撃を受けたことを確認したという。
当該攻撃により、同社の情報システムの一部に被害が発生したとしている。
太陽工業は対応として全社対策本部を設置、外部専門家の助言を受けながら影響の範囲を調査し、復旧作業を進めているとのこと。
また、関係機関への相談を開始し、対応について指導を受けていると説明している。

公表時点では、情報流出の内容を特定することはできていないものの、被害の可能性からあることから個人情報保護委員会への届出も行っている。
同社は、徹底的な調査を通じて早期の事態解明と再発防止に向けた予防措置を講じる方針を示している。
今後の対策として、情報セキュリティの強化と再発防止に尽力するという

【参考記事】
サイバー攻撃による情報漏洩の可能性のお知らせとお詫びについて
https://www.taiyokogyo.co.jp/