市の事業で申請者や事務担当者の個人情報流出 問題発覚まで241件のアクセス【浜松市】

浜松市が実施する「ロコトレ事業登録団体一覧表」の掲載において、申請者と事務担当者の個人情報が流出する事態が発生した。

市によると、2024年5月24日にホームページに「ロコトレ事業登録団体一覧表」のExcelファイルを掲載したが、6月13日に登録団体の関係者から「一覧表に個人情報が含まれている」との報告が入り問題が浮上。
調査の結果、公開されたExcelファイルは特定の操作を行うことで申請者や事務担当者の個人情報が含まれる別のシートが表示される状態だったことが判明している。
なお、5月24日から6月13日までの間に該当ページへのアクセス数は241件で、一覧表がダウンロードされたとみられる件数は不明とのこと。

事態を把握した市は同日中に、個人情報を削除した新しいファイルに差し替えを実施。
5月24日から6月13日までに一覧表をダウンロードした対象者に、速やかにデータを削除するよう呼び掛けている。
市は個人情報保護の重要性を再確認し、適切な対応を求める意向を示しています。

【参考記事】
ロコモーショントレーニング事業における個人情報の漏洩に関するお詫びとご報告
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/index.html