【茨城県】無料法律相談後、他の相談者個人情報を持ち帰り

茨城県が実施している無料法律相談において、相談者が誤って他の相談者の個人情報が記載された書類を持ち帰る事案が発生した。
書類は「無料法律相談予定表」で、相談者5名分の住所、氏名、相談内容が一覧で記載されていた。

事案は2024年5月31日に行われた無料法律相談中に発生。
相談後、対応した弁護士は当該予定表がなくなっていることに気づき、茨城県の担当職員が相談者Aに連絡した。
その1時間後に書類は回収されており、相談者が予定表をコピーしていないことも確認されている。

茨城県は、県弁護士会に対して注意喚起を実施。
無料法律相談時は個人情報が含まれる不必要な書類を持ち込まず、個人情報が含まれる資料は相談者の目に触れないように取り扱い、相談終了時には手元の書類を確認するよう求めた。

【参考記事】
県無料法律相談における個人情報の漏えいについて
https://www.pref.ibaraki.jp/somu/hodo/hodo/pressrelease/hodohappyoushiryou/2203/2406top.html