ボランティア関係メール送信時にミス 31名が影響【焼津市】

2024年5月13日(月曜日)、焼津市青少年ボランティア活動に関連する業務において、市職員のメール送信ミスにより個人情報の流出が判明している。

当該メールを受信した方から連絡があり誤送信が判明。
その後、当該事業のメールについて調べた結果、8件のメールにおいて個人情報が流出していたという。
流出した情報は31名分のメールアドレスで、その他の個人情報は含まれていないと説明されている。
原因はBCCで送信するべきメールを、誤ってCCで一斉送信してしまったこととされており、全ての受信者のメールアドレスが他の受信者に表示されていたとのこと。

市は、影響を受けた31名に対し謝罪を実施。
今後の対策として、複数人に同時送信する際は、送信前に別の職員がパソコン画面を確認する二重チェックを行い、決裁文書にはBCCまたは個別送信のチェック欄を設けて確実に適切な送信方式が選択される方針が説明されている。

【参考記事】
青少年ボランティア活動参加者にかかる個人情報の漏えいについて
https://www.city.yaizu.lg.jp/index.html