「生活クラブ生活協同組合」で情報流出 380名分のメールアドレス情報流出

日用品の供給や環境保全、福祉事業など実施している「生活クラブ生活協同組合」で、メールの誤送信による情報流出が発生した。

公表によると、同クラブへの問い合わせに対し返信メールを送信する際に、宛先設定を本来Bccで行うべきところを誤ってToで実行。
これにより受信者間で互いにアドレス情報が閲覧できる事態となった。
受信者からの指摘により発覚している。
当該メール誤送信により、380名分のメールアドレス情報が影響対象とされており、個人情報が含まれていないと説明されている。

同クラブは、誤送信発覚後に送信先全員に対して、状況説明と受信メールの削除を願い出た。
再発防止策として、人為的ミスが発生しうるメーラーからの一斉送信を廃止し、安全性の高いシステムを用いたメール送信ツールを使用するとされている。

【参考記事】
メール一斉送信によるメールアドレスの流出のお詫び
https://saitama.seikatsuclub.coop/